第1回 瀬田唐橋〜烏丸半島
2006:03:06
総距離14・5キロ 歩数22,208歩 歩く時間4時間20分
琵琶湖の湖南、瀬田川に架かる「瀬田唐橋」がある。ここから始まりだ!琵琶湖に沿って延びる歩道を北へ、まっすぐに進む。左側には琵琶湖が穏やかに波打ち、右にはスーパーやリゾートホテルが立ち並ぶ。
 近江大橋の手前辺りからは、自転車歩行者専用道路が設けられている。これまでの道よりも幅が広いので歩きやすい。帰帆南橋を越えると矢橋帰帆島。この湖岸緑地で休息をとる。芝生広場が広がって気持ちがいいし、ベンチに座ってのんびりと琵琶湖を眺めると快適。正面に音羽山、右手に比叡山がそびえるのがよく見える。山並みをじっと眺めていると、湖を隔てているというのに近くにその存在が感じられる。
 真っ青な空の下、なだらかな道は続く。ヨシの群生からは鳥のさえずりが聞こえ、疲れた体に元気を与えてくれる。
やがて烏丸半島が姿を現す。この半島は湖に沿って歩くことが出来ます。そして、滋賀県立琵琶湖博物館、水生植物公園みずの森がある。
 

瀬田の唐橋である。このPHOTOの位置は、瀬田川の東岸から。ここがSTART地点。来年(2007年)の6月位に再度この地点に到達予定。
 その試みを、祝うような素晴らしい天気でした。
R1とJR東海道線の下をくぐり、一路湖岸沿いを北上すると、前方に近江大橋が見えてくる。 
 橋の近くに、上の写真のような琵琶湖の形状を標記した石碑がある。
am10:30 start
manpokei 0
am11:20 TOTAL 50pun
manpokei 4,940ho
pm 0:15 TOTAL 1:15hun
manpokei 10,590ho
南山田町を通り過ぎ、左の地図にある「芝生の広場」
と標記されている、北山田町で昼食をとる。
ななぁ〜んと参加者40人中、「おっさん」は親爺含めて、わずか
6人だ。ガイド二人を含め・・・・40年前ではヤングレディーが36人の部隊。
 最初見たときは、「大丈夫?」と思ったが、さすが強者達。みんな遅れる者は無し!
宗教団体の本部。UFOが着陸してるのか?と
思うような建築物。
pm1:14 TOTAL 2:16pun
manpokei 12,804ho
昼食を終え、START!高砂橋を過ぎるころから、
湖岸にはヨシの群生が続いています。
 左の写真のように、素晴らしい景色が延々と・・・
湖を越えて向こうには、裏比叡の山々が連なる。
pm2:25 TOTAL 3:55hun
manpokei 17,388ho
やがて前方に、風車が見えてくる。GOAL地点の目印だ。このPHOTOの位置から右に漁港があります。志那魚港です。
 昼食後はじめてのトイレ休憩をする。




pm3:00GOAL TOTAL 4:30hun
manpokei 22,208ho
烏丸半島に到着。今回(第1回)のGOALである。所要時間4時間半であった。
歩いた歩数は、
22,208でした。
烏丸半島から見た、残雪を頂く早春の比良連峰!
今回を終えて感じたことは、平地を歩く!ということは、山と違い別の意味で苦しいものである。この企画は地震・台風以外は決行するそうな。
 悪天候のときは、大変だろう。成せば成る!完歩するぞ!!