秋風 an autumn wind

誰しも人生の過程の中で、どこかで自分の老いを感じる時が来る。
それは季節で言えば「秋」かもしれない。
しかし、それを自覚するのは、自分の集大成の時期に合致するかも。
やっぱり「秋」は・・・・・大人の季節だ。
京都に住む人は京都の紅葉を最高だと思う。
春の「桜」と同様に京都には秋の「紅葉」は至る所に散在する。しかし、人知れず無名の素晴らしい「隠れ紅葉」もある。それを見つけるのが・・・・・好きです。



京都:高雄の燃えるような紅葉風情。
燃える紅葉の中を、第二の人生を踏み出した夫婦の物語が始まる。
私の一番の「隠れ紅葉」、吟松寺の紅葉である。
この日は、休日だというのに人に殆ど会うことはない。少し足を伸ばせば「光悦寺」がある。
なのに吟松寺は静かである。
この素晴らしい紅葉に一人酔いしれる幸福感。
北山杉の里に映える、紅葉の直線的な美がなんとも言えない。
右は、私が一番に推選する所の
北区原谷口「吟松寺」の燃える紅葉である。
色の素晴らしさに感嘆するが、同時にその
周囲の静寂さに感嘆する。

下は、我が家の近くにある「矢代別邸」の
紅葉である。小さな景色だが、その中にあって
彩の多様さに感心させられる。
北区鷹ヶ峰:光悦寺
狭い参道に見事な色合いを表現してくれる。
嵐山:天龍寺境内より院坊の土塀越に、紅葉の嵐山を望む。
それは見事な天龍寺境内の、まるで火が燃え盛るような木々の紅葉です。
龍安寺:鏡容池の素晴らしき秋景色。
近くに見つけた意外な場所でした。下の二枚の紅葉も同じ龍安寺鏡容池である。